顧問とは〜顧問という働き方について〜

誰しも一度は聞いたことがあるであろう「顧問」と呼ばれる役職。企業の重役の一つですし、誰でもなれるような役職ではないと思いがちです。しかし、最近顧問は副業として気軽に働くことができる役職となりつつあります。これまでよりも顧問として働く環境が整ってきた今だからこそあなたも働き方を見直してみませんか?

この記事では、顧問としての働き方はもちろん、顧問として働くことで得られる報酬について詳しく解説していきます。

顧問とは

顧問とは、これまで自身が培ってきた経験や専門的な知識を元にして、企業などから相談を受けてそれに対する助言を行います。企業経営や事業成長のための補佐などを行っています。顧問以外にも、ブレーンやアドバイザーとも呼ばれることがもあります。

しかし、顧問は会社法で定められている役職ではないため必ず設置しなければいけないというわけではありません。設置するか否かは企業の自由なのです。

役割について

顧問としての最大の役割が、専門的な知識を持っている立場から企業に対してより有益なアドバイスを行うことです。専門的な知識を持っている顧問として挙げられる代表的なものが、以下の3つの顧問となっています。

・顧問弁護士・顧問税理士

顧問弁護士は、企業で発生した問題について相談を受け法律の専門家という観点から、具体的にどのように対処したら良いかをアドバイスしてくれます。顧問弁護士の場合、問題が発生してから顧問契約を行うのではなく、基本的には年間契約など長期間にわたって企業のサポートを行います。 法律は専門性の高い分野ですので、顧問契約を行うことで平時から緊急時に至るまで気軽に相談することができるようになります。

顧問税理士は、企業の税務に関する疑問や不安点について相談を受け、税務の専門的な知見を持っているのが顧問税理士です。顧問税理士は、税務相談はもちろん決算や申告書類の作成、税務調査の対応、税務処理の代行などを行ってくれます。

・経営顧問

経営顧問は、経営のスペシャリストとして企業経営に関わる事業面や組織面の問題についてアドバイスを行います。経営顧問として活躍する人物は、経営コンサルタントや企業経営者に多くみられ、これまでの知見や経験を活用して企業の課題解決に取り組んでくれます。

・実務型顧問

実務型顧問は、自信が持っている知識や経験を使って企業の課題解決を行います。アドバイスを行うことはもちろんですが、必要に応じて現場の社員とともに業務を行う場合もあります。自分では「大したことない」と思っているスキルが他の企業から重宝されることもありますので、実務型顧問は幅広い方に活躍できるチャンスがあると言えるでしょう。

また、実務型顧問のように直接指導を行う顧問として技術顧問も挙げられます。企業の技術的な課題についての相談を受け、それに対して専門的な知識をもとに技術的な面をサポートすることを目的としています。

技術面は、これまでの経験や知見が豊富な人物であればあるほど企業から求められる可能性が高く、技術顧問は技術面の協力を行うだけではなくエンジニアへの指導を直接行うこともあります。

顧問の種類について

一言で「顧問」と呼ばれていますが、顧問は大きく2つの種類に分けることができます。
1 2 3