顧問契約をするにあたって 〜顧問契約のメリット・デメリット〜

企業にとって思いがけないトラブルが起きた時や専門的な観点からアドバイスを行って欲しい時に頼りになるのが顧問と呼ばれる方です。多くの経験と知見を持っている顧問は、いざというときに相談役となってくれるのですが、誰でも顧問として活躍できるチャンスがあることをご存知でしょうか?

また、最近では働き方改革が追い風となり、副業として顧問を行う方も増えてきています。

今回は「顧問契約をするにあたって〜顧問契約のメリット・デメリット〜」と題して、顧問として働くことに興味がある方にぜひ知っていただきたい顧問契約のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

顧問とは企業に対して助言を行う人物

顧問として働く際に必要となるのが顧問契約です。しかし、初めて顧問として働く方にとってどのような契約なのかイメージが湧きにくいのではないでしょうか。

顧問契約とは、特定の業務スキルや知見、ノウハウを持っている人物に対して月額や勤務時間によって顧問料を支払う代わりに企業に対するアドバイスや一定の処理を行ってもらう契約のことを指しています。会社員として雇用契約を行う場合は、さまざまな業務内容を遂行させることが可能ですが、顧問契約の場合は基本的にはあらかじめ定められた業務のみを行うこととなります。

最近では、法律の改正や契約書類の複雑化している背景もあり弁護士や会計士などの専門家と顧問契約を行う企業も増えてきています。

顧問契約と似たような働き方として比較されがちなのが業務委託契約です。顧問契約も業務委託契約の一種ですが、業務委託は特定の業務スキルや知見、ノウハウを持っていなくても契約を行うことが可能だと言われています。

顧問契約のメリット

顧問契約がどのようなものなのか、わかったところで顧問契約を結ぶことのメリットを解説していきます。

複数の企業に携わることによって人脈のパイプができる

会社員として1つの企業で働いていると、関わっている業界や人物像などはどうしても狭まってしまう傾向があります。しかし、顧問として働くことによって業界や職種の垣根を超えて活躍することが可能です。顧問として働いているからこそ出会える人も多いでしょう。
1 2 3