顧問とは会社にとってどんな役割?関係性やメリットについても解説!

「顧問という仕事は知っているけど、実際会社内で何をやっているのだろう」 「顧問と会社ってどういう関係?」 顧問の仕事に興味はあるけど、上記のような疑問を抱えているという方はいらっしゃらないでしょうか。この記事は、「顧問と会社」に注目して解説をしていきます。 この記事での解説内容は下記の通りです。
  • そもそも顧問とは
  • 顧問の会社における役割
  • 外部顧問は会社とはどんな関係性?
  • 会社にとって顧問を雇うメリット
この記事を参考に、「顧問と会社」についてより詳しく知っていただければ幸いです。

そもそも顧問とは

顧問には、大きく分けると内部顧問と外部顧問の2つの種類があります。まずは、この2種類の顧問の違いについてお話しします。

内部顧問

内部顧問は、もともとその会社で役職などのポストについていた人がなる顧問です。それまでもその会社で働いていた人物ですから、会社の内部事情などにも詳しいと言えます。社内でも人脈を形成していますので、さまざまな部署や社員のことを知っていて、スムーズにやり取りができる人材だと言えます。 内部顧問は、会社と綿密な関係性の顧問です。

外部顧問

外部顧問は、内部顧問とは逆に、その会社では働いたことがない社外の人材が就任する顧問です。会社への深い知識や社内での人脈はないことがほとんどだと言えます。その代わり、何かしらの高度な専門知識や資格を有している人材が外部顧問になります。

例えば、弁護士や税理士、コンサルタントなどのスキルや資格を持った人材です。 外部顧問には、こうした高度な専門知識や資格を有している人材以外にも、実務型顧問という顧問もいます。実務型顧問は、過去の仕事で得たスキルや経験を活かし、現場での指導や人材育成など、より実務的な仕事に当たる顧問です。実務型顧問も過去には、働く先の会社との関わりはない場合がほとんどです。

外部顧問には、実務型顧問のように経験を活かして実際の業務にあたる人材もいます。筆者も、実際に実務型顧問として働いています。

顧問の会社における役割

この項目では、顧問の会社における役割をご紹介します。下記の観点から解説をします。
  • 経営権や決定権はない
  • 立場
  • 待遇
  • 役職
それでは、詳しく見ていきましょう。
1 2 3