顧問の給与はどれくらいなの?さまざまなパターンを解説

顧問という仕事は魅力ある仕事なのですが、給与面で疑問が多いものです。仕事をする上で気になる点は、仕事内容・職場環境などもありますが、給与という方も多いのではないでしょうか。この記事では、顧問の給与に着目して解説を行っています。

顧問の給与については、なかなか知る機会がないかと思いますので、参考にしていただけたら幸いです。

そもそも顧問とは

顧問とは、企業や団体、政府などで自身が持っている経験やスキル、専門知識を元に業務などのアドバイスや指導を行う役職のことです。その企業などにとって、経営を左右するような重要な課題や事業に対してアドバイスを行うこともある重要な役割です。ただし、アドバイスや指導は行いますが、決定権はないというのも顧問の特徴です。

社長や役員といった意思決定者がより良い選択ができるようにサポートするのが顧問の役割です。

顧問の種類

次の項目で詳しくお伝えしますが、顧問は種類によって給与が大きく異なります。ですので、顧問の給与についてお話しする前に、3種類の顧問の違いについて解説します。3種類の顧問とは、下記の通りです。
  • 内部顧問
  • 外部顧問
  • 新しいタイプの顧問
これらの顧問がどのような仕事をしているのかについて見ていきましょう。

内部顧問

内部顧問は、過去にその会社で働いていた人が就任する場合が多い顧問です。扱いとしては、役員と同等ということもあり、その企業に貢献したOBやOGの名誉職といった位置付けの場合もあります。職務内容としては、会社全体の相談を受けるなどが多いです。

外部顧問

外部顧問とは、税理士や弁護士などの有資格者などが就任する顧問のことです。名前の通り、「外部」の顧問ですので、その会社とはもともとは関係がない人であることが多いのが特徴です。また、就任後も定期的に会社に訪れることはありますが、籍は置かず、あくまでも自身の事務所などの所属としてサポートすることが多いです。

外部顧問は専門職の人材が外部から企業をサポートするという顧問です。

新しいタイプの顧問

新しいタイプの顧問は、実務型顧問ともいい、過去の会社員経験を活かして働く顧問のことです。外部顧問のように、専門性やスキルはありますが、必ずしも特別な資格を有しているわけではありません。

また、上記の2つのタイプの顧問とは異なり、企業の実務の現場で指導や業務補佐など具体的にその企業の仕事に関わることが多い顧問です。
1 2 3