顧問登録サイトに挑戦する前に準備しておきたいこと4つ

周囲からのススメで顧問という働き方が気になっているものの、「顧問登録サイトへ登録するには早いが、今できることはないだろうか?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

顧問は定年退職後の新しい働き方のひとつというだけでなく、最近では若くして企業の顧問を担当する人も増えつつあります。 顧問として働く方法は、企業内での推薦・紹介だけではありません。 最近では、顧問派遣や登録サイトなど自ら志願して登録できるサービスも登場しています。

しかし、実際に顧問登録サイトに登録する前にきちんと準備しているかどうかで、その後の顧問登録サービスでの活動が変化するでしょう。 そこでこの記事では、顧問登録サイトの概要や登録前に準備しておきたいことを4つご紹介します。

顧問という存在が企業で必要とされている

  • 顧問登録サイトとは?
    1. 顧問登録サイトに登録している人
    2. 一般的な派遣会社との違い
  • 一般的な派遣会社との違い
  • 顧問として登録サイトを利用する前にやっておくべきこと4つ
    1. 顧問として自分が他社に貢献できそうなことをまとめる
    2. 人柄を重要視した仕事をこなす
    3. 顧問紹介サービス会社の情報収集
    4. 開業届について調べる
  • まとめ

顧問という存在が企業で必要とされている

顧問とは、企業・団体が行う業務について第三者的立場から専門的意見を述べる職種のことです。

一般的に、顧問は社長や役員などのように意思決定権がありません。

しかし、「実務型顧問」のように、仕事を通じて長年培った経験や経歴を活かしながら企業や団体がより良いビジネスを展開できるように、支援できる現場型の仕事もあります。

最近では、弁護士や税理士などといった専門職で働く人も「顧問」という役割で企業経営に携わるようになりました。

顧問は、

「自社を変えたい」

「ビジネスを成長させたいけど実行に移しきれていない」

「新規事業をスタートさせたものの上手くいかない」

などと成長や戦略などに悩む企業および経営者に必要とされており、悩んでいる経営者を救うご意見番と例えると、より顧問の仕事内容がイメージしやすいやすいかもしれません。

顧問の仕事や働き方のイメージがしづらいという場合は、当ブログ『顧問ライフ』内の別記事「企業における顧問ってどんな人?」という記事も参考にしてみてください。

顧問登録サイトとは?

顧問登録サイトとは、顧問を必要とする企業と顧問という仕事を志願する人のマッチングサービスのことです。 顧問に来てほしいと考える企業は、顧問が登録するサイトを通して候補者を選び、サイトを管理する管理会社がマッチングを手伝ってくれます。

顧問登録サイトによっては、企業担当者が顧問登録者がどのような経歴を持っているのか検索することも可能です。
1 2 3