顧問契約は労働契約?業務委託契約?紛らわしい契約の種類をわかりやすく解説!

定年退職の時期が近くなると、次のステップについて考える人も多いと思います。今、顧問として働くことが注目を浴びていることをご存じですか?顧問について興味を持っている方は、すでにいろいろ調べているかもしれませんね。

顧問として働くには契約を結ぶ必要がありますが、一般に会社員として働くような労働契約とは異なります。

今回の記事では、顧問契約を結ぶ場合の契約の種類についてわかりやすく解説します。顧問として活動することに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

顧問契約とは?誰でもなれる?

顧問と聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?多くの人は、役員だった人が就くというイメージが強いかもしれません。一昔前まではそうでした。しかし、顧問のあり方は徐々に変わりつつあります。

顧問契約とはスキルを活かして企業と契約を結ぶ

そもそも顧問として活動するには顧問契約が必要です。顧問契約とは、特定のスキルや分野を活かして企業の経営を支援するために結ぶ契約のことです。

基本的に契約で決められた業務のみを遂行します。

例えば人事関連スキルがあれば人事顧問として、営業関連スキルがあれば、営業戦略を立てたり営業スタッフの育成をしたり、営業顧問として業務を遂行します。

業務の幅や出勤日数など、契約内容は企業により異なります。契約の際は、契約内容をよく確認して締結するようにしましょう。

実務型顧問という働き方が注目を浴びている

これまでは役員を務めていた人が退職後、就任することが多かった顧問という仕事。しかし、責任の所在が不透明になるなどのトラブルが多発したため、廃止する企業も増えています。

一方で、実務型顧問という働き方に注目が集まりはじめました。

これまでの企業の顔役のような顧問とは異なり、特定のスキルや専門知識を活かして、より現場に近い位置で企業の経営支援をしていくのが実務型顧問です。

例えばメーカーで営業していた人は、業績を大きく上げた経験を活かして営業スタッフ育成に貢献したり、海外に駐在していた人が、その人脈を活かして海外進出の支援をしたりという感じです。

顧問紹介・派遣サービスもあり、専門的な経験やスキルがあれば普通の会社員として働いてきた人も顧問として活躍できる仕組みができています。

実務型顧問」として第二の人生を踏み出す!あなたのスキル経験を強みに

顧問契約は労働契約ではない?契約の種類と違いを解説!

契約にはさまざまな種類があります。顧問として活動するためには契約を結ぶ必要がありますが、知識がないと不利な条件で契約することになったり、トラブルがあった時に思いもしない責任を負わされたりすることも。大切な部分なので、しっかりと知識をつけておくことが大切です。
1 2 3