顧問ってどんな仕事?役割や報酬についてもご紹介

そもそも顧問ってどんな存在?

このブログを読んでくれているということは、皆さんは「顧問」に何かの興味があるはずです。

ひょっとしたら、ご自身で顧問をしたいと考えているかもしれませんね。でも、顧問になるには、二つの大きなハードルがあります。

一つは、非常に高い能力や、豊かな経験が求められるのではないか、という不安。

もう一つは、どうやってなったらいいかがほとんどの人には全くわからない、という不明。

その二つとも、しっかりわかるようにしよう、というのがこのブログで私が目指すところです。

例えば、今は「顧問名鑑」に代表されるように、顧問を企業に紹介する派遣サービスがある、と聞いたらどうでしょう?少し、道が見えるような気がしませんか?

私はこれまで、9社の顧問を行い、その経験を活かし、多くの方が顧問になるお手伝いをしてきました。人生100年時代、そして、キャリアの多様化の中、様々な働き方がある。その一つとして、顧問が皆さんの選択肢になれば、これほど嬉しいことはありません。

顧問には2種類ある

まずは、基本を確認しておきましょう。

企業の顧問には、2つの種類があります。

内部顧問~常勤役員など

一つ目は、内部顧問。その会社で役職を経験し、活躍した人が顧問になるケースで、常勤顧問として役員待遇で顧問をする場合も、非常勤顧問として、必要な時だけ顧問をする場合もあります。

外部顧問~顧問弁護士など

二つ目が外部顧問。これは、法律や行政、M&Aなどの専門知識を生かし、専門分野においてアドバイスをする場合です。顧問弁護士などが代表的ですね。

あなた自身が顧問を目指す場合は、たぶん、外部顧問としてスタートすることが多いかもしれませんね。
1 2 3