顧問案件待っているだけじゃダメ!案件の受注力をアップさせる方法

顧問登録が済めば、案件がすぐに紹介されると思っていませんか。スムーズに進めば良いのですが、現実はそう甘くはありません。 自分にぴったりの案件紹介を獲得するために、まずは自己分析が欠かせません。受注力を上げるためにすべき、自己分析のポイントを紹介していきます。

顧問登録後、案件がどうやって紹介される?

顧問派遣会社で顧問として登録後、案件が紹介されるのは次の2通りがあります。非公開案件で直接案件がくるケースと、公開案件で自ら立候補するケースです。

直接案件がくる

顧問派遣会社から最適と思われる顧問に対し、「この案件をお願いできませんか」と個別に依頼されます。 非公開案件はこのように顧問派遣会社から特定の顧問に対し、直接打診がきます。

公開案件から選ぶ

顧問登録をすると、顧問派遣会社から定期的に案件がメールで配信されてきます。それは情報開示が可能な案件です。 受けてみたいという案件があればエントリーし、プロフィールによる選考を経て、企業から面談のオファーがあれば顔合わせという流れになります。

稼働率はたったの5%!案件獲得は簡単ではない

顧問登録を済ませれば案件の紹介が勝手にくる、わけではありません。 現在顧問派遣会社に登録している顧問の人数は延べでおよそ7~8万人。顧問として活躍しているのは4000人にも満たないと言います。顧問派遣会社に登録している顧問の稼働率は、ざっくりとですが、わずか5%なのです。活躍している顧問は実はほんの一部の顧問なんです。 多くの登録者が過去のプライドからか、「自分なら大丈夫」と完全に「待ち」の姿勢でいることが理由として考えられます。登録者は派遣会社の担当者との面接後、ランク分けされ、上位の人は優先的に仕事が紹介されるのです。

顧問案件の受注力を上げるためにできること

優先的に直接案件を紹介してもらえるようになるためには、どうすればよいのでしょうか。企業側にとって来てもらいたい顧問は即戦力になる人です。
1 2 3