「実務型顧問」として第二の人生を踏み出す!あなたのスキル経験を強みに

定年後の仕事でお悩みではありませんか。 「定年前の仕事の経験を活かしたいけど、よい仕事が見つからない」、「自分の経験を活かした仕事がない」などそんな方におすすめなのが「実務型顧問」として働くことです。

この記事では、下記の内容であなたの顧問としての人生を後押しします。
  • 顧問とは何か
  • 最近注目を集めている顧問は「実務型顧問」
  • 実務型顧問が注目を集めている理由
  • 顧問に関する疑問
ぜひ、お仕事探しの参考にしてみてはいかがでしょうか。

顧問とは

顧問とは、企業などで自分の持っている専門的な知識や経験を元に、アドバイスや補佐などを行う役職のことです。 顧問の役割や設置するかどうかは、法律では定められておらず、企業によって異なります。そのため、会社によって顧問が果たす仕事内容や待遇は大きく異なります。 ここでは、一般的な役員はどうなのかという観点でお話します。

顧問には内部顧問と外部顧問という二つの場合があります。よくある「顧問」は、専門資格などを持った外部顧問です。外部顧問は、弁護士やコンサルタントなど専門的な知識や資格を持っている人材が登用されるケースが多いです。そして、そのケースのほかに、この記事でご紹介しているような「実務型顧問」と呼ばれる、専門資格はなくてもキャリアを通して経験や知識を身に着けた顧問も存在します。

内部顧問は、その企業の出身者や関係者である顧問のことです。社内事情にも詳しく、過去に得た自分のネットワーク、つまり人脈を生かしつつ、仕事に当たります。 顧問として仕事をしたいと思った時に気になるのが、「顧問は社員か」という点はないでしょうか。

結論を言いますと間に第三者企業を挟んだ場合は、顧問は社員ではなく、業務委託などの場合がほとんどです。その場合顧問は、「顧問契約」の契約書を交わし、半年から1年程度の有期契約であるケースが多いです。 ただし、企業との直接契約の場合は正社員や契約社員・嘱託社員などになるケースもあります。

また、顧問という役職に似た役職として、役員があります。この役員との違いは、役員は経営の決定権を持っているが、顧問はあくまでアドバイスを行う立場であるという部分にあります。

最近注目を集めている顧問は「実務型顧問」

近年、注目を集めているのが「実務型顧問」です。実務型顧問は、先ほどご紹介したような外部顧問のような従来型の顧問ではなく、専門的なスキルを持って現場で伴走してくれる顧問です。

従来の顧問は、現場では仕事をせず社内全体に対するアドバイスを行うことが一般的でした。それに対して、実務型顧問は週に一度など頻繁に現場に赴き、実務に対してアドバイスを行ったり、補助をしたりします。 役職としては顧問ですが、より幅の広い仕事をしてくれ、従来の顧問よりもより実務的なという仕事を行います。
1 2 3