営業顧問とは?人気の営業顧問になるためのポイントも解説!

事業を進めていくと、さまざまな課題が出てくるであろうことは皆さんも想像がつくでしょう。その原因は戦略ミスの可能性だったり、人材不足だったり企業ごとに異なります。

そのような課題解決をするうえで注目を浴びているのが「顧問」です。その中も営業顧問というものがあります。今回の記事は、営業顧問について詳しく解説します。

必要とされる営業顧問になるためのポイントも紹介していますので、顧問としての活動に興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

営業顧問とは?業務内容や報酬について解説

通常の顧問と営業顧問にはどのような違いがあるのでしょうか?気になる報酬についても解説します。

営業顧問とは「営業」に特化した顧問のこと

営業顧問とは、その名のとおり「営業」に特化した顧問のことです。その業務はさまざまですが、例えば売り上げを伸ばすための営業戦略を考えたり、営業メンバーの育成サポートを行なったりします。

新規取引先と、顧問先の企業を繋げる役割を担うことも。ゼロから開拓ではなく、これまで築き上げてきた人脈を元に行なうので、商談までスムーズに進みやすいことが特徴です。

似ている役職に相談役がありますが、明確な違いがあります。相談役は経営上で起きたさまざまなトラブルについて相談を受けたり助言したりしますが、営業顧問は営業に特化した分野で支援やサポートを行ないます

スポット契約と長期を前提とした契約がある

顧問として活動するには、企業と契約を結ぶ必要がありますが、契約には短期間のスポット契約と、長期間を前提とした契約があります。

基本的に長期を前提とした契約は「顧問契約」です。長期的に営業支援をお願いしたい場合は顧問契約がおすすめですが、一時的にお願いしたいという企業もあります。そんな時に便利なのがスポット契約です。

顧問紹介や派遣サービスには両方の案件を取り扱っていることが多いので、どちらが自分に合っているかは顧問登録したときに相談するとよいでしょう。

営業顧問の報酬は契約内容による

気になる営業顧問の報酬ですが、これは企業との契約内容によります。業務内容はもちろん、月の勤務日数や、常勤か非常勤によっても異なるので、ここでは顧問派遣サービスを利用した場合の一般的な相場をお話しましょう。

派遣会社を通して活動した場合は、報酬は派遣会社と折半となります。例えば月2回の出社で企業が支払う報酬が30万だった場合、そのうちの何割かを派遣会社がもらいます。

割合は5割から7割程度です。その金額を差し引いた残りが顧問に支払われます。そのため顧問に支払われる報酬は5割なら15万円、7割なら9万円となります。派遣会社を通さず直接契約すれば、折半する必要がないので10割の30万円をもらえるでしょう。 

顧問は複数の企業と契約することが可能なので、たくさん稼ぎたいと思ったら複数の企業と契約するのがおすすめです。なかには会社員時代の月収を超える人もいます
1 2 3