【実務型顧問の相場を徹底解説!】培ったキャリアで定年後は安泰?

顧問で働くとなった場合、実際にもらえる報酬はどれくらいなのか、調べてもよくわからないことが多いですよね。

今回は、顧問として就任した際にもらえる報酬や、およそどれくらい稼げるのかなどを解説しています。報酬を調べたい方は必見ですよ!

【外部顧問として就任する顧問】派遣される実務型顧問の立ち位置とは?

外部の顧問として就任する場合の立ち位置は「外部からの専門家」という位置づけになります。

顧問になるにあたって「私の経歴でも顧問になれるのか」と心配する方は多いのではないでしょうか。

外部顧問として、実務的に派遣されるということは、派遣先の企業へ所属することなく、専門家・経験をもつプロフェッショナルとして客観的な意見を述べられるという立ち位置です。企業から見れば専門的な知識や助言をもらえる経験者(専門家)といえますね。

【業種ごと具体的に解説!】外部顧問の相場は約2万円/月から

外部顧問の相場は「〇万円」と決まっているわけではなく、業種やスキル、案件によって大きく変わってきます。今回は技術と経営、営業に分けた相場を詳しく解説しましょう。

技術顧問の場合

ケースや規模にもよりますが、月数万円の報酬から年間500万円を超える案件もあるので依頼内容から報酬を確認すると把握しやすいといえます。

例えば

〇上場企業での技術顧問案件の場合

自社サービスを持つ開発組織の強化案件があったとします。
  • 必須スキルは上場企業の開発組織を率いたことのあるCTO経験者
  • 報酬は6万円/日
  • 週1日
〇技術顧問としての知識を活かす案件
  • 必須スキルはエンジニア組織の立ち上げと統括、 コードレビュー、技術的な助言が可能
  • 報酬は5~10万円/日
  • 週1日以上
案件によっては大きな差があるのがわかりますよね。

必須スキルとして、助言ができることや開発案件に携わっていたことを証明することも必須です。

経営顧問の場合

経営顧問の場合は、経営だけでなくマーケティング分野も関わってくるところもあり、顧問としての活動範囲が大変広いともいえる分野です。企業によっては経営顧問の案件でも、実は経営ではなくマーケティングとしての案件・・ということも少なくありません。

今回は例として、「経営顧問」としての案件と、「マーケター」としての案件をそれぞれ確認してみましょう。

〇経営顧問としての案件

社長の右腕となるディスカッションパートナー|プロ顧問(業務委託)としての募集
  • 必須スキルは営業視点を持ちつつ財務や経営を数値面でも分析ができる人で、さまざまな業界の知見や経営者との折衝経験を持つ人
  • 報酬は月額10万円から50万円
  • 出勤の有無はなし
〇マーケターとしての案件

インターネット領域での新規事業企画、推進業務
1 2 3