顧問登録ってどうやるの?会社員時代のスキルを活かして働く

顧問派遣サービスとは

顧問派遣サービス、聞いたことがありますか? これは、プロフェッショナルな知識や経験を持つ人材として、企業に紹介して派遣するという意味です。 顧問になりたい方は、顧問派遣サービスのサイトなどで登録し、紹介を待ちます。 一方企業は、今の課題に照らして必要な人材像を伝え、お互いがマッチングされるのです。 今、定年を迎えてもまだまだ働ける方が増えています。 そのような方々の意欲と能力を活かせ、企業にとっては一朝一夕では得られない経験に裏打ちされたサポートを受けられる、ということで急成長しているサービスです。

実務型顧問が増加 その背景は?

人材派遣を行うということは、解決すべき課題が企業側にあって、求められる能力があるということ。 今求められているのは、プロジェクトの推進や戦略の構築、メーカーなどの新製品開発などに関わる、「バリバリ働く」実務型顧問。 経験、知識、人脈という、キャリアの中で築き上げられたその人だけが持っている価値が再発見され、注目されているといってよいでしょう。

顧問派遣会社の登録の流れ では実際、どんな風に顧問派遣会社に登録すればよいのでしょう。 最初に、ホームページにあるフォームに必要事項を入力して仮登録します。 すると、派遣会社から本登録資料が送られてきますので、それに記入し登録されれば、本登録完了です。 ただし、その次に派遣会社の担当者との面接(大体1時間ぐらい)があり、それが終わるとオファーを受けることができるようになります。 そして、顧問がオファーを受けた後、依頼主の企業へ推薦、依頼主との面会を経て合意できれば契約書を取り交わして契約という流れです。 すこし煩雑なようですが、顧問は高い専門性が求められる分、本当に案件にマッチしているか、そして、お互いに信頼しあえるかが大切なのです。

顧問の報酬ってどれくらい?

顧問の報酬ですが、月2回程度の顧問活動を行うと、大体月額9万~20万円ぐらい。 これは、企業が顧問派遣会社に支払う顧問料が30万~40万円。そのうち5~7割程度を派遣会社が取るとした金額です。
1 2 3