顧問の役割とは?他の役職との違いや仕事内容・給与など

このブログを読んでくださっている方は、顧問に興味があるのではないでしょうか。顧問という言葉を知っていて、設置したい、もしくはなってみたいと思っていても、実は分からないことが多いとお思いではありませんか。この記事では、下記のポイントを押さえて顧問の役割とは何かについてご紹介します。

  • 顧問とは何か
  • 顧問の具体的な役割
  • 顧問と他の役職との役割の違い
  • 内部顧問と外部顧問の役割
  • 外部顧問の具体的な役割例
この記事を読んでぜひ顧問について詳しくなってみてはいかがでしょうか。

顧問とは?

まずは、顧問とは何かという基礎的なことをご紹介します。この項目では下記の2点にポイントを絞ってお話しします。
  • 顧問とはどんな役割
  • 顧問の給与

顧問とはどんな役割?

顧問とは、企業でアドバイスを行う役職です。専門的な知識を持っていたり、豊富な経験を持っていたりする人材であることがほとんどです。

顧問は、社長や役員とは違い意思決定権を持たず、あくまでも助言を行う役職です。ただし、豊富な知識を有しているため、顧問の助言次第で会社が大きく変わることもある重要な立場だと言えます。

顧問は法的にどういった仕事をするのかということが決められてはいません。また、設置も必ずしもしなければ行けない訳ではなく、企業の自由意思にゆだねられています。そのため、顧問がどういった立場でどのような仕事をするのかは、会社によって大きくことなります。また、どのような人材で、どのような知識を持っている人材かということも、会社によって大きく異なります。

顧問の給与

顧問について気になる点として挙げられるのが給与ではないでしょうか。顧問の給与には、明確な決まりはなく、こちらも会社によって大きく異なります。特に内部顧問の場合は、明確なルールはなく、会社次第と言えます。

弁護士と顧問契約を結ぶ場合には、弁護士事務所が決めた金額など、相場が決まっているようです。この場合は、5万円程度が相場と言えます。

税理士のような企業規模で大きく仕事量が異なる場合は、企業の燃焼によって顧問料も左右されるようです。

このように、顧問の給与は会社や仕事内容によって大きく異なります。

顧問の役割

この項目では、顧問の役割についてご紹介します。顧問の役割は主に以下の4つです。
  • 専門的な知識の提供
  • 経営に直接かかわるアドバイスをする
  • 実務補佐をする
  • 実務型顧問
これらの役割についてご紹介します。

専門的な知識の提供

顧問の大きな役割の一つとして、専門的な知識や立場から、企業に必要なアドバイスをすることを挙げられます。特に、弁護士や弁理士、技術顧問、経営顧問がこの役割が大きいと言えます。

社長や社員が持っていないような専門知識を提供することで、企業の発展や運営に貢献することが顧問の役割です。
1 2 3