60代必見!定年後の仕事探しの方法と注意点を徹底解説

以前は60代は定年退職し、悠々自適なリタイア人生を送る年齢というイメージがありましたが、今の60代は心身ともに壮健で、精力的に活動できる年代です。 とはいうものの、いざ自分ごととなると定年後どんな働き方がしたいのか、どんな働き方ができるのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

定年後のことを考えるようになる60代、自分のスキルを活かして働ける様々な仕事スタイルがあります。 今回は60代の方にぜひ知っておいてほしい、定年後の仕事探しの方法についてご紹介していきます。この記事を読めば、どのような働き方があり、どのように仕事探しをすればいいのかが明確になります。定年後も充実した働き方をしたい!という方はぜひご一読ください。

定年後の仕事でスキルを活かすには

定年後に働くスタイルとして主に3つあります。経験も知識も豊富な60代だからこそできる働き方です。

再雇用で同じ会社で働く

再雇用制度は、退職者の希望があれば、企業が新たに労働契約を結ぶ制度のことです。ご自身の企業で再雇用の制度があり、引き続き働きたいと望むのであれば、定年後に働くスタイルの中では一番ハードルの低い方法ではないでしょうか。 ただ、慣れた職場で安定感はありますが、雇用形態も以前と変わらないというわけではなく、雇用形態が変わったり、給与や待遇が下がったりするケースも多くあります。再雇用制度がある場合、具体的な契約内容についてもきちんとチェックするようにしましょう。

起業

「シニア起業」という言葉があるように、60代で自分で起業する方も増えてきています。これまで培ったスキルを活かしてビジネスを始めたり、長年挑戦してみたかった異業種にで起業したりする働き方です。 うまく軌道に乗せるコツは、大きな利益を得るよりも自分が本当にやりたいこと、起業することで誰かの役に立つことを前提にビジネスを考えてみるのがよいでしょう。

顧問として働く

専門的なスキルを持ち、知識や経験がある方にぜひ検討してほしいのが「顧問」という働き方です。会社のご意見番のような旧来型の顧問ではなく、会社員時代に特定の分野で培ったスキルや経験を活かして、企業の新規事業のサポートや課題解決のために、サポートを行うものです。定年退職後に顧問になる方もいれば、50代60代のシニア層が早期退職をして顧問として働くケースも増えてきています。

自分では当たり前と思っているスキルが、他の企業にとっては知見のない分野で、必要とされるスキルかもしれません。期間限定でプロジェクト単位で顧問として契約し、担当者と伴走しながら課題解決するという顧問にやりがいを感じるシニア層も少なくありません。

顧問派遣サービスについて詳しく知りたい方はこちら
1 2 3