顧問の雇用契約まるわかり!直接それとも委託?をすべて解説

「顧問として働く」ということを、一見一聴、自分にはまったく縁がないことだ、と切り捨てますか?

それとも、「いや、まてよ!もしかすると、これまで長年携わった仕事の経験をもってすれば、どこかに就職先があるかもしれない…。」と、いう想いを、少しでも持ったのではないでしょうか?

そうです!まさにそのとおり、実は近年、普通のサラリーマンだった人でも、自分が何十年と、真面目に取り組み続けてきた業務ノウハウ・専門性を活かして活躍できる、人材市場ニーズが増加しているのです。

そうした職務は「外部顧問」枠として「実務型顧問」とよばれていますが、現実的で、スピーディな就業の可能性を高める方法としては、「顧問に特化した専門派遣会社」に登録することが第1歩。

この記事では、そのような外部顧問と、同企業の「内部顧問」に就く、ふたつのケースに分けて、給与・出勤日数・待遇などを踏まえた、「雇用契約」に関してくわしく紹介していきます。

顧問とは、上層部の助言・指導にあたる「企業のブレーン」

多くの企業の社歴から見ても、一般的に顧問といえば、上層部が定年後に任命される職位というイメージがあります。同企業における、さまざまな経営上の事案に精通していることから、実質的な「ブレーン」といえるのが内部顧問です。常勤と非常勤に分かれ、出社日数も月2~20日と雇用契約によって、さまざまに異なるため、報酬・待遇もそれらに準じて変動します。

一方、外部顧問という存在は、特定分野における、業務の知識・実務経験・スキルを持つ専門家であり、その筆頭格が顧問弁護士です。一般的には、常勤・非常勤の明確な区分はありません。その理由としては、いつでも何か相談したい事案が生じた際、電話・メール・郵送物などで、特に調査の必要もない回答範囲のサポートを契約している、顧問弁護士などの存在が多いことがあげられます。

顧問に求められる実務案件は多岐にわたる

しかし、「外部顧問とは、国家資格を持つ士業に限られる」という訳ではありません。一般的な会社員経歴だけを兵法にし、実際に関わった業務で習得した知識とキャリアに、専門性があると評価され、新たな企業に就業する実務型顧問が増加しています。

実務を求められる部門と専門的内容は、以下のように多岐にわたります。
  • 管理部門:人事体制/コンプライアンス/ガバナンス/リスクマネジメント 各課題の強化
  • 営業部門:B to B/M&Aにおける事業商談・営業戦略立案・次世代育成
  • 技術部門:新システム導入・研究開発・若手エンジニア育成
  • マーケティング部門:市場ニーズリサーチ・新製品企画・顧客満足度向上・広告/PR活動最適化
そのほか、部署という枠にとらわれない、次のようなニーズも高まっています。
  • 経営戦略:資本調達 新規事業拡大 意思決定助言
  • 業務改善:品質管理 提供サービス 実務効率化サポート
  • 海外ビジネス:海外拠点策定 輸出入販路開拓
こうした、実務型顧問を斡旋するために台頭してきたのが、「顧問専門派遣会社の提供サービス」であり、「エージェント」とも言われます。企業としても、長期的な人材不足という課題を抱えており、その供給ニーズの対象範囲となるのが、健康で専門的キャリアが高く、働く意欲の高い人物は、高齢者であっても、積極的に登用したい、という多くの企業側の意向です。

また、政府による、昨今の高年齢者雇用対策への加速を背景にした、働き方改革であり、人生100年時代における個人の持続可能性という、注目すべき社会的動向のひとつといえるでしょう。

顧問の雇用契約は、内部顧問と外部顧問によって異なる

まず、顧問の雇用契約上において欠かせない、ふたつの職名は、
  1. 内部顧問
  2. 外部顧問
です。そして、
1 2 3