そもそも顧問とは?どんな仕事をしているの?

顧問と聞くと、高い能力をもった一部の人や、大手上場企業の元役員だけがなれるものだと思っていませんか。そんな顧問の形もありますが、最近は新しいタイプの顧問も出てきています。一般企業で長年まじめに勤務した会社員が顧問として活躍しているケースなどもあります。 「顧問」ってそもそもどんな人?という疑問から、最近の顧問トレンドについてわかりやすくお話してきたいと思います。

顧問とは?

企業から依頼を受け、自身の専門的な知識やスキルをもってサポートや指導に当たるプロフェッショナルのことです。豊かな経験・高度な知見を、企業の課題解決のために提供し、アドバイスにとどまらず、実際の現場で実行支援を行います。

顧問の3タイプ

顧問には大きく分けて3種類あります。それぞれ見ていきましょう。

これまでの顧問…大企業の元役員がなる

「顧問」と聞いていちばんにイメージするタイプかもしれません。上場企業の元役員が退任後に常勤役員として就くものです。名誉職的な意味合いが強くなります。これまでの経験を活かし、退任後も経営者の経営上の相談に乗ったり、アドバイスを行ったりします。給料は会社役員と同じ扱いで常勤は有給ですが、非常勤は無給となるケースもあります。

新しいタイプの顧問…専門分野のエキスパート

近年注目を集めていて、ニーズも高くなってきている顧問のタイプです。一般企業の特定の分野で長年勤務してきた人がその経験やスキルを活かし、他の企業で課題解決や新規事業のサポートなどを行うものです。定年退職した人だけでなく、30代40代の若い世代が複業として、もしくは50代60代のシニア層が早期退職をして顧問として働いています。

専門家…弁護士・税理士など

弁護士や税理士、コンサルタントなど法務や税務、経営などの専門知識をもつ資格者に、専門知識を生かしたアドバイスをもらうものです。外部の専門家から専門的で客観的な意見を聞けるため多くの企業で顧問契約を結んでします。
1 2 3