意外な副業「顧問」という働き方を知っていますか?

テレビなどでも取り上げられるなど注目を集めている副業。本業以外にも収入源が欲しい方などから人気となっています。一方で、「副業には興味があるけど、これまで仕事しかしてこなかった…」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたい副業が「顧問」です。この記事では意外な副業「顧問」について解説していきます!

テレワークをしながら副業でさらに稼げる時代が到来!

これまでは、副業を行いたくても企業が副業を禁止している場合や、毎日会社に出社しなければならないため物理的に副業が行えない場合がほとんどでした。しかし、2020年頃からテレワーク(在宅勤務)が急速に広まりさらに収入アップを目指せる時代が到来しています。

毎日会社に出勤し、定時になったら電車に揺られて帰宅する。そんな日々が当たり前でしたが自宅で仕事をすることで、通勤に使っていた時間を活用して副業を行うことができるようになりました。これにより、収入アップはもちろん、スキルアップなど生活に良い影響を与えています。これまで副業を禁止としていた企業や金融機関も副業を解禁しており、私たちの働き方には大きな変化が訪れているのです。

これまでよりも身近な存在となった副業ですが、世の中には私たちがまだ知らない副業が存在することをご存知でしょうか。

意外と知られていない副業「顧問」としての働き方

副業としてじわじわ人気となりつつある職業が「顧問」です。顧問と聞くと、副業として仕事が成立するのか不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、心配はご無用です。ここからは副業として行う顧問について解説していきます。

そもそも顧問とは?

  • 内部顧問
  • 外部顧問
  • 常勤顧問
  • 非常勤顧問
  • 特別顧問
上記の項目を見てわかるように、「顧問」と一言で言ってもその種類はさまざまです。しかし共通して言えることは、業務内容です。顧問は専門知識や経験に基づいて会社の経営陣などにアドバイスを行うことを仕事としています。

内部顧問や外部顧問がどのような位置付けであるのか詳細を知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

企業における顧問ってどんな人?

顧問って誰にでもできるものなの?

顧問がどのような業務を行っているのかイメージが掴めてきたと思いますが、顧問として働いている人にはどのような人が多いのか一例をご紹介します。

【顧問の経験職種】
  • 役員クラス 40%
  • 事業部長クラス 25%
  • 工場長クラス 25%
  • 課長クラス 10%
顧問=役員のイメージが根強いですが、課長クラスの経験がある方であれば顧問として十分に働くことが可能です。

【顧問の専門分野】
  • 電子、電気、機械、輸送機器 30%
  • 素材、食品、その他 15%
  • 卸売、小売、運送、倉庫 15%
上記の分野以外にも、コンサルティングや金融、IT系や建築、広告業などかなり幅広い分野で顧問として活躍できるチャンスがあるようです。

顧問人口はどれくらい?

顧問派遣サービスを見てみると15,000名以上の登録者、6,000名、8,000名の登録などの記載があり、多くの方が顧問として登録を行っていることが分かります。
1 2 3