【超重要!】顧問紹介サービスに登録する職務経歴書作成時のポイント

顧問活動を始めるために重要となることが「職務経歴書づくり」ですが、どんなところに気を付けて、職務経歴書づくりをするのかわからないと、難しく考えてしまい、一向に進まない作業でもあるのです。

今回は、顧問を始める際に重要となる職務経歴書づくりについて詳しくまとめています。

職務経歴書づくりに取り掛かろうとしている方から、難航している方は特に必見ですよ!

顧問活動の第一歩!職務経歴書づくりは超重要!

職務経歴書は、ただあなた自身の職務の経歴をまとめて資料として企業や営業担当に渡すから必要なのではなく、マッチングをするかどうかの判断をする資料が職務経歴書なのです。

登録派遣会社の営業担当者が、企業からの案件と顧問をマッチングする際に見るのが職務経歴書です。この一枚で自分をアピールすべく、しっかり作り込むことが大切であり、顧問としての案件を獲得するための唯一アピールポイントとも言えます。

顧問紹介サービスに登録する際に必ず必要なもの

登録派遣会社によってさまざまですが、特に登録時に必要となるものは次の2つです。
  • 履歴書
  • 職務経歴書
仕事になるので、これらの情報は必須。ではどんな履歴書や職務経歴書が必要になるのかを詳しくお話しましょう。

履歴書

履歴書は仕事や自己PRなどが書けるタイプのものが良いでしょう。コンビニで売っているような一般に使用されている就職用の履歴書に書かれている項目を参考にしてみて下さい。

就職用の履歴書の項目は主に次の通りです。
  • 個人情報
    • 氏名
    • 生年月日
    • 電話番号
    • 住所
  • 学歴
    • 学部や専門学科のみ記名(普通科は書かかなくて大丈夫です)
  • 職歴
    • 転職数が多い場合は関連業に絞って書いてもOKです。
  • 自己PR
    • 特技ではなくこれまでの業種で得たことや、強み(スキル)を書きましょう。
就職用のもので書く場合、少し書く項目が増えてきますが、就職用の場合は適度に必要な情報が多く「人と成り」がわかるタイプの履歴書ともいえるのです。だからこそ、履歴書を書くときは就職用の履歴書を参考にすることをおすすめします。

職務経歴書

こっちは作り込む必要あり。顧問としてどういう働きができるのかを派遣会社の営業担当がチェックする指標となります。

どちらも書くときのコツとしては「第三者が見てすぐに理解できるか」ということです。

例えば「企画部で私が企画した製品が大ヒットしたこと」を前職の経歴として説明する場合は、この文でも通じるのですが、もう少しどんな製品を企画したのかというところを解説する必要がありますよね。

そういったときは、ただ長文で120文字(およそ3行)で作るよりも、箇条書きですぐにわかるように、「どういったコンセプト」で「どんな製品」でターゲットは「どの世代」で、とういったようなことを上手く組み合わせて説明することが重要になるのです。

(例)2020年秋頃にある、企業内の企画コンテストで優秀賞を得た。
  • コンセプト
  • ターゲット
  • 〇〇のときに役立つ製品
販売成果:SNSを通じてターゲットの他世代も獲得、売上は前年度の3%増加。

など、簡単でありながら情報を得やすい内容を書くと担当だけでなく相談を依頼したい企業にも伝わりやすいのでおすすめです。

まずは自分をしっかりアピールするための経歴の棚卸から始めましょう。

まずは経歴の棚卸しを

経歴を他者に伝えるためには、まず自分自身でどんな経歴が強みになるかを理解して書く必要があります。
1 2 3