【必読】顧問紹介サービス会社の担当者に聞いた!登録時のポイントとは

顧問として登録者を派遣する際に、何を基準に選考し、派遣をしているのか気になりませんか?

今回は実際に筆者が顧問派遣会社の紹介サービスで営業担当をしている方から聞いた話をまとめています。これから登録をする方や、現在登録をしていて案件が来ないという方は特に必見です。

稼働している顧問は、登録顧問の一部のみ!

某・顧問派遣会社で約10000人いる顧問の中で、実際稼働している顧問はごくわずか。一部の顧問に案件が集中しているのが実情です。依頼されやすい、されにくい顧問が一定数いるのです。

では、なぜそれらの依頼されやすい顧問と、されにくい顧問にわけられるのでしょうか。

営業担当はどうやって案件と顧問をマッチングしてる?

顧問登録はあらゆる地域から、さまざまなタイプの顧問の登録がされてきますが、これらの多くの顧問から、企業のクライアント企業の案件に合う顧問を探すのにはコツがあります。

どんなコツがあるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

営業は顧問のプロフィールを案件ごとにしっかり確認して選ぶわけではない

営業は顧問のプロフィールを案件ごとに正確に確認しているわけではありません。

プロフィールを丁寧に書き、メッセージ性も込めて書いている方からすると、少し意外性を感じるのではないでしょうか。

顧問ごとにランク分けしている

営業は、顧問ごとに以下のような基準で、3~5段階のランク分けをしているのです。

案件をこなしている

まずは案件をこなしている量が多い場合は、「依頼ができる」と判断しています。つまり特徴として顧問としての経験案件数が多い登録者へ案件を振ることが多いということです。

クライアントが継続契約している

または、企業から契約更新を望まれている場合にも、顧問の契約になります。

こちらは単発というよりかは、継続更新という形になるので紹介会社、クライアント、どちらかも信頼を得ている顧問といえるでしょう。

営業担当は具体的にどうやって顧問を探す?

営業担当は具体的にどうやって顧問を探すのでしょうか。方法は主に、2通りの探し方にわかれています。
  1. データベースから絞り込む
  2. キーワード検索で選ばれた顧問の中からさらに絞り込む
膨大なデータベースの中から探し出し、キーワード検索で選ばれた顧問の中で、「案件をこなしているか」「継続案件を持っているか」を基準に探しているのですが、顧問の案件をこなしたことがない方は、逆にここで最大のチャンスが到来しています。

ただ、ここまで読んでいてと思うことは、「一度も依頼をされたことがないのに、どうやって最大のチャンスを掴んだらいいんだ」ということですよね。

ここからは、新しく登録できた顧問目線で、営業担当の顧問の探し方を、もう少し詳しく確認していきましょう!

データベースから絞り込む

営業担当は、データベースからキーワードで顧問を絞り込むので、プロフィールや資料には拾ってほしいキーワードを入れておきましょう。

データベースは登録者の数だけ膨大な量の中から絞り込まなくてはならないので、場合によっては見つかりにくいこともあります。そんな時に拾ってもらえる情報になるように、キーワードを入れておくのです。
1 2 3