企業における顧問ってどんな人?

企業で活躍する顧問にはいろんなタイプがあります。顧問の種類、企業での立場・役割、また近年注目を集めている新しいタイプの“実務型顧問”を知っていますか。将来的に退職後ゆっくりと過ごす生活ではちょっと物足りないと感じている方、40代50代で早期リタイアして新しいことやりたいな、と思う方はぜひ読んでみてください。

企業にはいろんな「顧問」がある

顧問は専門知識や経験によって会社の経営陣などにアドバイスをする人のことです。企業では、弁護士や公認会計士、税理士、経営コンサルタントなどの専門家や役員経験者が就くケースがあるようです。

最近は新しいタイプの顧問も注目を集めています。より細分化された分野で、実務レベルのアドバイスや実行支援を行い、社内の人と共にプロジェクトに取り組むといったタイプの顧問の人気が高まってきています。専門的な分野で長年活躍し実績のある人が、その経験やスキルを活かして企業の担当者と共に実務にあたるものです。

新しいタイプの顧問はアドバイスにとどまらず、課題解決に向けて企業の担当者、担当チームと伴走しながら実行支援します。より現場に近く、実務型顧問と呼ばれたりします。

内部顧問・外部顧問

企業における顧問は、内部顧問と外部顧問の2つがあります。

内部顧問は自社出身者の顧問のことです。役員を務めていた人が退任し顧問となるケースが多いです。長年その企業で経営に関わってきた人なので、現社長でもわからないことを顧問は知っていたり、アドバイスを求められれば社内の人間関係を踏まえたアドバイスをしてくれたりと、その会社における「知恵の泉」のような人です。

外部顧問は企業外の人で高度なプロフェッショナルな知識を持った人と契約する顧問のことです。弁護士や税理士、公認会計士と契約して、法務、経理部門で専門家から見た意見や助言をします。先ほど紹介した新しいタイプの顧問も外部顧問に分類されます。

常勤顧問・非常勤顧問

この分類は勤務体制の違いによるものです。毎日出社してアドバイスを行うのが常勤顧問、非常勤顧問は必要なときだけ出社します。
1 2 3