「顧問」は今なぜ企業に求められるのか?役割や報酬、立場を徹底解説

企業経営などに助言をする「顧問」。

かつては役員クラスの人が就任するイメージの強い役職でしたが、昨今はさまざまな業界で新たな形の「顧問」が求められているのをご存じでしたでしょうか?いわゆる普通のサラリーマンだった人がなる「実務型顧問」です。ここでは、「実務型顧問」の概念をもとに、「顧問」の役割、報酬、立ち位置などについて徹底解説します。これを機にあなたも自分のスキルや経験を生かして「顧問」を目指してみませんか?

「実務型顧問」の役割とは?

 「顧問」といえば、大企業の役員職を経験した人が、引退後にその人脈を生かして務める「顔役」としての役割のイメージが圧倒的でした。しかし「実務型顧問」となると違います。「実務型顧問」とは『専門知識を生かして現場に立ち、メンバーともに課題解決にあたり会社を支えるエキスパート』です。

 いわゆる「顔役」が上位の立ち位置で「外部の人脈開拓」や「経営戦略に助言」するのに対し、実務型顧問は、現場にメンバーとともに立ち「課題を通した経営戦略に参画」します。また「実務型顧問」は、役員職を経験した人や引退した人だけが就任するのではなく、専門知識を持った人なら若い人でもチャレンジできるという点も大きな特徴です。

なぜ今「顧問」が求められるのか?

 理由は2つあります。1つは、人工知能(AI)技術などの進化により事業サイクルがめまぐるしく変化。各企業は常にスピード感のある事業判断が求められ、助けを必要としているからです。しかし次から次へと湧き出る新たな領域の知識を一から学んでいては、到底時代の波に追いつけません。そこですでに専門知識を持った人を迎え入れ、長年の経験ゆえにできる的確なアドバイスを受ける事で、高速で変化する事業サイクルに耐えうる体制をつくる事を目指しています。

 もう1つは、深刻な人材の不足にあえいでいる企業が増えているためです。少子化問題を受けますます、労働力人口は減少していくと予測されています。そんな中「いかに少ない人数で生産性を上げるか」というのは1つの大きな課題ですが、経営面だけでなく「生産性UP」という点においても「実務型顧問」の持つスキルやノウハウが大変役に立つと注目されるようになりました。

今は、どのような業務で「顧問」を求められているのか?

 いわゆる今までの「顧問」というと、頭に浮かぶのは「人脈を生かした新規販路の開拓」や「経営戦略の策定支援」という役割が主ではないでしょうか?しかし今はこんな業務においても「顧問」は求められています。 マーケティング戦略支援 コスト削減 人事分野支援 海外進出
1 2 3