【顧問必見】顧問で名刺を作る際の肩書きから注意点まで徹底解説

顧問という肩書きで名刺を作るとなったら、あなたはどんなことに気を付けますか?

今回は顧問として名刺を作る場合に悩むであろう、非常勤では名刺が必要なのか、名刺のサイズや、注意点などあらゆる「名刺にまつわる知っておきたいこと」をまとめています。

現在顧問で名刺を作ろうか悩んでいる方や、名刺を作ろうとしている方は必見ですよ。

【名刺は必要?】顧問として名刺を作るということは

顧問として名刺を作るということは、「フリーランス」としてか、それとも所属している企業の名前を書いて作るのかとで悩む方も少なくないですよね。

名刺を作る際に個人で作るか、それとも企業で作るか、大きな違いは「企業の名前を背負っているかどうか」というところにあります。

フリーランスとして制作するのであれば、個人の自己PRや特技を掲載することにより名刺本来の営業ツールでもあり、話の引き出しにもなるでしょう。

ところが企業に所属した前提での顧問名刺となると、「企業の名前を背負った」状態での名刺となるので、本来の名刺としての役割は発揮できますが、「状況に応じて肩書きが使えない」ということもあり得ますし、法律上使えない肩書きといわれることも少なくありません。 だからこそ個人名での名刺で、
  • フランク過ぎずビジネスシーンにも使える
  • 業務に合った肩書きが明確に書かれている
以上の顧問としても使える名刺を用意しておくと良いでしょう。

【非常勤は必見!】期間限定での名刺制作はあり?

顧問で名刺を作る際に「作った方が良いのかどうか」迷うことはありませんか?常勤での案件であれば確実に作るべきと思いますが、1か月や非常勤での案件である場合は「作らなくても良いのではないか」と思う方もいるでしょう。

もし悩んでいるのであれば非常勤問わず、顧問としての名刺を持っておくことをおすすめします。名刺はいわば、自己紹介ツールです。初対面の相手にお渡しできる取引を始める際の会話のネタにもなり得ます。名刺は作っておいて損はないのです。

非常勤とはいえ、企業の名前を背負った職務を全うするためにも顧問としての名刺は揃えておくことをおすすめします。

顧問で名刺を作るときに覚えておきたい肩書き

顧問で名刺を作るときに覚えておくと良い肩書きは次の通りです。
役職名英語表記
顧問Consultant
顧問(相談役と同じ肩書)Advisor Corporate Adviser
実は顧問と相談役は英語表記での肩書きがかぶってしまうことがあるのです。

では、どうしたら相談役と顧問の役職を丁寧に、相手にも間違いなく情報を伝えられるのでしょうか。

【肩書が似ている相談役】顧問との違いをしっかり理解しておこう

顧問で名刺を作る場合に肩書を載せますが、日本語表記でなく日本語表記で掲載する場合は注意が必要です。

顧問を名刺で肩書を書こうとすると、英語の表記が相談役と同じ肩書になってしまうのです。

日本語表記の場合はどちらもそのまま、「顧問」「相談役」「アドバイザー」などとわけられるのですが、英語表記の場合はどちらも「Advisor」「Corporate Adviser」と使われます。

「顧問としての名刺であって相談役としての名刺ではない!」という場合には、日本語で書いておくと間違いなく相手にも伝えられますし、日本語も併せて書いておくことで、誤解を防げるでしょう。

「顧問-Corporate Adviser-」という具合ですね。

【顧問で名刺を作成】おすすめの名刺サイズとデザイン

ここからは名刺作成のために知っておきたい名刺サイズやデザインのポイントをひとつずつ解説します。これから名刺を作る方は特にひとつずつ確認しておきましょう。

おすすめの名刺サイズは55×91㎜!理由は管理がしやすいこと

名刺サイズは55×91mmがおすすめです。
1 2 3