顧問という新しい副業スタイル、どうやって始める?

「副業」「複業」「パラレルキャリア」が流行っていますよね。最近はサラリーマンを続けながら、別の会社で顧問として働く人が少しずつ増えてきました。 副業で顧問という働き方が、企業にとっても、専門知識をもつ若いサラリーマンにとっても大きなメリットがあることをお話していきたいと思います。

新しいタイプの顧問~若い世代が副業として顧問を選ぶ

大手企業や外資系企業、若い社員が多いIT関連企業などで、続々と複業が解禁されています。企業側から見ると、副業を解禁することで従業員の能力開発や自律性が育まれたり、待遇面の改善につながったりするというメリットがあります。 本業に加えて収入が増えるというのはもちろん魅力的ですが、他にも「本業のスキルを生かして、他業種で力を試したい」「副業を通して人脈を拡げたい」などいろんな理由で副業を始めています。副業は結果として企業と個人と双方にとって多くのメリットがあるのです。 そんな副業におすすめしたいのが「顧問」です。一昔前は顧問業というと、社長や会長を退任した後のポストとして設けられていて、「たまにきてお茶を飲んで、何をしてるのかわからない…」というイメージもありました。 そんな従来型の顧問ではなく、ある分野で専門的な知識やスキル、実績のある人が、企業のもつ課題解決のためにともにアドバイスするだけでなく、現場で担当者や担当チームと取り組む、新しいタイプの顧問が着実に増えてきています。“実務型顧問”と呼ばれたりもしています。「いろんなビジネスに携わりたい」「1つの雇用形態や企業にこだわらず働きたい」という意識をもった、30代40代のハイキャリア層が、顧問として新しい働き方を選択しています。

顧問の採用ニーズ、企業はどう考えてる?

人材の採用、活用に関する課題を解決するひとつの手段としても「顧問」の可能性が注目されています。具体的に企業側のどういった事情があるのでしょうか。

正社員だとコストが見合わない

専門性の高い人材を採用したいけど、転職市場だとなかなか採用が難しい。もしくは業務ボリュームが正社員を採用するほどのものではないと正社員ではコストが見合わないこともあります。
1 2 3