【i顧問?i-common?】顧問紹介サービスの評判・気になるところを徹底解説

あなたならどんな顧問派遣紹介サービスを活用しますか?

人によって希望はそれぞれですが、「支援が手厚い」「専属エージェントが欲しい」など、もし「支援系」で希望があるならばi-common(アイコモン)はおすすめです。

今回は顧問紹介派遣サービスのi-common(アイコモン)について解説しています。 今までは企業目線でのi-common(アイコモン)しか情報がありませんでしたが、「顧問として活動されている登録者」の目線で評判を知りたいという方は必見ですよ。

【i-commonとは】パーソルで開始した顧問の紹介サービス

i-common(アイコモン)はパーソルキャリアから新しくリリースされた顧問紹介サービスで、派遣としては2011年にリリースされました。

i-common(アイコモン) サイトはこちら

大きな特徴としては、運営者も顧問というポジションで企業の経営課題に取り組んでいたというところです。

今は運営者ではあるのですが、i-common(アイコモン)の運営者も、最初は顧問として活動していたので、顧問としての登録した方々と全く同じ目線ではなくとも、「個人のみ」で企業へ派遣されるという感覚ではないことがあげられるでしょう。

他にも、
  • 枠に収まらずインタビューを通して適正を判断する
  • 案件は相談ベース
  • 個人事業主として活動を応援
  • 派遣企業だからこそある企業独自のノウハウから得られる支援
など、「派遣会社だからこそできる」というような支援方法で、二人三脚で顧問活動に取り組めるのです。 また、i-common(アイコモン)と二人三脚感を感じる点で他とは違う大きな特徴が、次の2点です。
  • 業務計画書の提出
  • 業務実施報告の提出
これらは一般的な事務職・作業職での派遣ではなく、特に業務計画書を提出することは、戸惑いを感じる方もいるのではないでしょうか。 とはいえ丁寧に顧問活動をしていきたい方にはおすすめといえますよね。 

【フリーランス支援制度?】i-common(アイコモン)のサービス概要

まずは、WEBサイト上に設けられている登録可能な分野を確認してみましょう。 主に分けられる8分野は次の通りです。
  • 新規事業
  • システム
  • 営業/マーケティング
  • 研究開発
  • 人事
  • アナリティクス
  • 研究開発
  • 生産/品質
  • 海外
以上から各々枝分かれしていくので、WEB上の紹介ページには8分野とありますが、専属エージェントとのインタビューで対応可能となる分野もあるので実質顧問として活動できる分野に制限がないともいえるのです。

i-common(アイコモン)で顧問登録をしてから仕事発生までの順序

i-common(アイコモン)で顧問活動を始める場合は、まずWEBサイトで顧問登録をする必要があります。氏名や住所、電話番号などの基本情報はもちろん、直近の経歴や得意な作業領域も記入必須です。 他にも次の項目が必須項目とされているので、顧問登録をする場合にはまず情報を集めておくと良いでしょう。 まずは個人情報とログイン時に必要となるパスワードの入力です。
  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号、居住都道府県など住所
  • 電話番号、メールアドレスなどの連絡先
  • i-common(アイコモン)にログインする際に使用するパスワード
次に職種経歴の入力項目が表示されるので、入力しましょう。
1 2 3