副業で顧問契約を結ぶことで得られるメリット5つ

副業を解禁する企業も増え始め、「副業」について語られるようになりました。2018年には政府も副業・兼業を推進する方向性を示しています。さまざまな副業がありますが、副業で「顧問」として働くのはいかがでしょうか。 副業で顧問契約を結ぶメリットについてお話していきたいと思います。長年、企業で専門的な職種でまじめに働いてきたという方、ぜひご一読ください。

副業で顧問契約、こんな人におすすめ

顧問と聞くと大手企業の元役員がなる名誉職的なイメージが強いかもしれませんが、近年新しいタイプの顧問が注目を集めています。特定の業界で専門的な職種で経験を積み、スキルを身につけた方が顧問として活躍しています。 50代60代のシニア層だけではなく、30代・40代でも十分な経験を積んでいる方なら検討の余地あり、です。一般企業の会社員、ベンチャー企業の役員が副業・複業で顧問として、企業の課題解決や新規事業立ち上げに関わっています。 コンサルタントと違い、顧問はアドバイスだけでなく、現場レベルで担当者やチームのメンバーと共に手を動かし、より深く直接的に実務に関わります。そのことから“実務顧問”と呼ばれたりしています。  若い世代が活躍している新しいタイプの顧問について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考に

副業で顧問契約をするとこんないいことがある

専業で顧問として活躍している人も多いのですが、人生の早い時期に副業で顧問を経験することは、専業の顧問とは違ったメリットが多くあります。

本業では得られない知識・スキルを獲得できる

本業では得られない新たな知識や経験を得ることができます。その得た知識・スキルを主体的にキャリア形成に活かすことができます。

複数の企業の業務に携わり、人脈や可能性を広げられる

他企業の業務に携わることで新しい人脈を築くことができたり、視野も広がったり、自分自身の可能性を広げるチャンスになります。
1 2 3