定年退職後はどう働きたい?人生設計における働き方おすすめ3つ

もうすぐ定年を迎えようとしている方の中には「定年退職したあとはのんびりした生活を送りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

一方で、定年は緩やかに引き上げられています。

どんな定年退職後の時間を過ごしたいかによって、人生設計を上手く練らないと後悔する可能性があるかもしれません。

定年退職を意識し始めた今だからこそ、退職後どう過ごしたいかはもちろん、少しでも働く意思がある場合は「どう働きたいか」を綿密に計画するチャンスです。

そこで今回は、定年退職後の人生を豊かにするための人生設計と、おすすめの働き方をご紹介します。

定年退職は何歳が一般的?

定年退職の年齢は、法改正により現在65歳が主流となっています。

一方で、厚生労働省は2021年4月から「労働者の希望があれば、最長70歳まで定年延長できるようにすること」を企業努力とするように通達しています。

したがって、70歳が定年で確定となるのもそう遠くはない未来だと言えるでしょう。

定年に関することが気になるという方は、当ブログ内の「定年年齢が延長!今やれることはあるの?」という記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

定年後のイメージ激変!ゆっくり過ごすが実現不可に!?

この記事を見つけたという方は、定年後の自身の生活スタイルを「のんびり過ごす予定」で考えていたことでしょう。

これまでの定年退職後の生活のイメージとして、

「仕事から解放されてのんびり好きなことをして過ごす」

「年金や退職金を頼りに生活する」

など、ひと昔前の定年退職後の生活を抱くことが多いかもしれません。

しかし、厚生労働省が70歳定年を見据えた法改正を行っていることからわかるように、これからの日本は70 歳定年が主流になりつつあると言えます。

定年後のライフプランを全く考えないまま、これまでの定年退職の生活を夢見たり、流れに身を任せたままにしたりしていると、定年退職後にゆっくり余生を過ごすこと自体が夢のまた夢となってしまうかもしれません。

定年後のライフプランを考えないと何が起こる?

では、定年後のライフプランを考えないとどのような問題が生じるのでしょうか。

考えられる4つの可能性をご紹介します。

1. 年金・退職金だけで生活が困難になる可能性がある

年金や退職金だけをあてに定年退職後を過ごそうとしていると、定年後も何かしらの形で働かないといけなくなるかもしれません。

別記事「定年年齢が延長!今やれることはあるの?」で詳しくお話の通り、

  • 少子高齢化
  • 年金受給年齢の65歳引き上げ
などにより、定年後の生活費についてじっくり考えなければならないという方が増える可能性があります。
1 2 3