定年後の再就職はどうする?厳しい現状と新しい働き方について解説!

定年退職の歳が近づくにつれ、その後について考える人も多いのではないでしょうか。のんびり過ごすのも良いですが、人生100年時代と言われる現代は再就職を検討する人も増えている傾向にあります。

定年退職後の再就職は、厳しいのが現状です。しかしあきらめる必要はありません。現在は多種多様な働き方があり、その中でも実務型顧問という働き方が注目されています。

今回は再就職の現状と、新しい働き方である実務型顧問について解説します。定年後も何らかの形で働きたいと考えている人は、ぜひ最後までご覧ください。

定年後の働き方の変化について

定年退職後に再就職している人は、どのような雇用形態で働いているのでしょうか?データを元に解説します。

正社員での雇用は少ない

現在、定年退職の年齢は60歳とされていますが、厚生労働省発表の「2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要」によると、60歳から64歳の男性は約4割、女性は約7割がパートタイマーで働いているというデータが出ました。

正社員の求人はあまりないようです。また有効求人倍率も60歳以上となると、パートを含めても1.0倍を下回る状態に。
年齢有効求人倍率
24歳以下1.06
25歳~34歳1.20
35歳~45歳1.04
45歳~55歳0.76
55歳~59歳0.62
60歳~64歳0.62

引用:厚生労働省東京労働局 年齢別有効求人倍率の推移(19年4月分)

表を見ても定年後の再就職は、厳しいということがわかります。

年収は下がる人が多い

年収はどうでしょうか?こちらも厚生労働省が発表したデータによると、60歳から64歳の67.6%は年収が減少したと回答していることがわかりました。増加した人はわずか8.9%でした。

ただし年収の減少については、これまで正社員として働いてきた人が、パートなどへ働き方を変えたために下がったという背景もあります。

定年後に再就職するための方法とは?

では、定年後はどのようにして仕事を探せばよいのでしょうか。再就職するための主な方法を紹介します。再就職のための窓口を広げておくことで、仕事を見つけられる可能性が高くなりますよ。

シニアを対象とした転職サイトや派遣サービスを利用する

ネットで検索すると、転職サービスがたくさんヒットします。高齢化が進んでいる背景もあり、シニアに特化した転職サイトや派遣サービスも増えてきました。

通常の転職サービスにもシニア歓迎の求人はありますが、特化したサイトの方がより効率的に仕事を探せるのでおすすめです。

シルバー人材センターという高齢者が働くことを応援する組織もあります。こちらは、市町村単位で置かれており、都道府県知事の指定を受けた社団法人が運営しているので安心して活用できます。

起業・個人事業主として働く

雇われて働く以外にも、自分で事業を立ち上げるという選択肢もあります。
1 2 3