時間管理のマトリックスを活用!米大統領も実践した仕事管理術を徹底解説

時間管理のイメージ

「時間管理のマトリックス」は第34代アメリカ大統領アイゼンハワーが実践した仕事術を元に、スティーブン・R.コヴィー氏によって『7つの習慣』で体系化されました。この本は世界的なベストセラーにもなり、様々な関連書籍が出版されたり、セミナーも多く開催されたりしています。自分の時間を自分でコントロールすることで、ビジネス・プライベートともに本当にやりたいことに時間を使えるようになります。 今回はタスクの優先度を可視化する「時間管理のマトリックス」について、詳しく解説していきたいと思います。自分の時間を有意義に使いたい、現状を変えたい、人生を変えたいと模索している方はぜひ読んでみてください。

「時間管理のマトリックス」を活用して、本当に重要なことに集中できるタスク管理を

ビジネスもプライベートもやりたいことはあるけれど、細々としたことで一日が終わってしまっている、充実させようと思えば思うほど時間に追われていく、という方も多いのではないでしょうか。 意識してもしなくても目の前に現れる「緊急なこと」に時間を使っていることが多いものです。ビジネスでも「今日中にやっておいてください」と頼まれたら慌てて取り組みます。締め切りを守ることは信用問題にも関わるので優先すべきですが、緊急なことばかり優先していると、本来自分がやるべきこと、自分にとって必要なことを実践できなくなってしまいます。 そこで「時間管理のマトリックス」を活用することで、自分の時間の使い方を客観的に見直し改善することができます。

時間管理のマトリックスとは

時間管理のマトリックスはスティーブン・R・コヴィー氏の著書『7つの習慣』にある考え方です。緊急性と重要性という2つの軸から4つのマトリックスをつくり、それぞれの領域を定義しています。限られた時間を有効に活用するために非常に有用なアイデアです。 『完訳7つの習慣 人格主義の回復』スティーブン・R.コヴィー著 キングベアー出版 
時間管理のマトリックスのイメージ

「重要度」と「緊急度」でタスクの優先度を分ける

ではタスクの優先度を4つの領域に分類していきます。具体例をあげて解説していきます。

第1領域…緊急度も重要度も「高」

緊急かつ重要なタスクです。最優先で着手する必要があります。
1 2 3 4