仕事がはかどるホームオフィスのレイアウト!つくり方と必要なものをご紹介 | 顧問ライフ

仕事がはかどるホームオフィスのレイアウト!つくり方と必要なものをご紹介

自宅でのリモートワーク、今までオフィスに出勤していた人はいつもと違う環境下でなかなか順応できないという人も多いのではないでしょうか。自宅にワークスペースを確保し仕事環境を整えることで、ストレスなく仕事に集中することができます。

今回はホームオフィスのつくり方やレイアウト、リモートワークに必要なものについてお話ししていきます。自分用の書斎をつくりたいという方、ホームオフィスをつくるために必要なものを知りたいという方はぜひご一読ください。

リモートワーク、生産性アップのために自宅環境の整備が最重要

自宅で仕事をするにはまず環境の整備が最重要です。個室がいいのか、リビングの一角をホームオフィスにするのか、スペースの問題もありますが、まずは家族を含めた自宅の状況と自分の性格を踏まえて考えるのがおすすめです。

リビングの一角を書斎スペースにした人が、家族やペットの気配が気になる、テレビに気を取られる、パートナーに邪魔者扱いされる、といった理由で集中できないこともあります。一方個室の書斎では、一人で寂しい、寒かったり蒸し暑かったり…と感じることも。

  • 一人の方が集中できるのか、家族の気配があったほうが集中できるのか
  • 寂しさを感じないか
  • 仕事をするのに快適な環境かどうか
  • 書斎は自分だけのものなのか、家族と共用なのか
  • 書斎ではどのくらいの時間を過ごすのか、毎日なのか、週に数日なのか

などなど自分の中で確認することで、自宅の中でどこに書斎を作るのがいいのか変わってきます。書斎をつくる前によくよく考えてみましょう。

【インテリア事例】おしゃれなホームオフィスで仕事はかどる

具体的なホームオフィスのイメージを膨らますのに参考になるおしゃれなインテリアをピックアップしました。「これいいな!」というアイデアなどぜひ参考にしてみてください。

引用元:https://roomclip.jp/photo/r9MB

白を基調に爽やかな雰囲気です。ボックスがゆるいパーテーションに使うアイデアいいですね。

ご夫婦で、お子さんと一緒に使えるホームオフィス。グリーンを飾るのも素敵なアイデアです。

座り心地の良さそうなデスクとチェアのイメージ
引用元: https://roomclip.jp/photo/kEzH

座り心地の良さそうなデスクとチェア。グレーでまとめた空間で集中力もよりアップしそうです。

自分のためのスペースのイメージ
引用元: https://roomclip.jp/photo/ZtGl

コレクションを配したまさに自分のためのスペース。リラックスできる場所は集中できる場所でもあります。

シックで落ち着いた書斎のイメージ
引用元: https://roomclip.jp/photo/Dbp7

シックで落ち着いた書斎。L字のシンプルなデスクで作業もしやすく。

ホームオフィスのレイアウト

自宅でのリモートワークは集中できる環境構築がとても重要です。マンションやアパートの小さなワークスペースでも工夫次第で環境は整えられます。レイアウトのアイデアをご紹介します。

壁型

壁と向かい合うようなデスクの配置です。省スペースでも作りやすく、壁が目の前なので集中しやすい配置です。

ただ、視界が狭くなり圧迫感があるという方、パソコンの画面を見られてしまうのが気になるという方には不向きです。

L字デスク

デスクがコーナーに向かう配置です。デスク前に余裕ができるので足が伸ばしやすい、ものも置きやすいなどのメリットがあります。

一方で意外とスペースを取るので、自宅の間取りによっては難しい場合もあります。

対面型

壁や窓を背にする配置です。視界が開放的になり、壁際の収納に手が届きやすいというメリットがあります。

一方で、家族の気配が気になって集中できないという方には不向きです。扉の位置によっては机を回り込むように移動する動線になってしまいます。

もしワンルームで書斎用の個室がないという場合、また寝室に書斎スペースを作りたいという場合には、パーテーションやデスク、棚などの家具で空間をゆるく分けるのがコツです。

スペースを分けることで、ここから先が仕事するところ、という意識付けをすることができます。

リモートワークに必要なもの

レイアウトが決まったら、リモートワークに必要なものを揃えていきましょう。必ず必要なアイテム、あるとより仕事がはかどるおすすめアイテムをそれぞれご紹介していきます。

必須アイテム

ノートPC

リモートワークには必ず必要なものです。持ち運びができるノートPCが適しています。持ち運びが便利なタブレットで、と考える人もいるかもしれませんが、作業のしやすさの面で容量のあるノートパソコンの方がおすすめです。

インターネット環境

リモートワークではWebサービスをリユしてコニュニケーションを行うので、安定したネット回線は必須です。できれば家庭用のネット回線と仕事用のネット回線は分けることができるとよりよいでしょう。

チャットツール

リモートワークでは円滑なコミュニケーションが肝心です。クライアントやチーム共通のチャットツールを導入しておきましょう。またビデオ通話も必要となるので、合わせて確認しておきましょう。

長時間仕事しやすい机と椅子

机と椅子は長時間座っていても疲れにくいものがおすすめです。「とりあえずリビングのローテーブルで」と考える人もいるかもしれませんが、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。最近は機能的でデザインも素敵なものが多く出ています。もし新たに購入するのであれば、値段が張っても自分の体に合うものを実際に店頭で試してみてチョイスすることをおすすめします。

整理されたデスク

机の上は常に必要なものだけを置くようにしましょう。きれいなデスクをキープする秘訣は、ものを増やさないことと仕事が終わったら必ず整理整頓しておくことがポイントです。仕事を始めるときにデスクの片付けからスタートするという状況だと、モチベーションが下がってしまうからです。

あると便利なおすすめアイテム

外部ディスプレイ

在宅勤務で仕事の効率をアップさせるには定番のアイテムです。多くのウィンドウを同時に見ながら作業ができ、大量のアイコンをデスクトップ上に被らずに配置できます。 なるべく大きめで解像度が高い4Kモニタがおすすめです。

モニタ台

デスクが狭いときなどに便利なのがモニタ台です。キーボード、マウスの置き場所、モニタ下スペースの活用ができるだけでなく、モニタの高さの調節もできるので、背筋が伸び猫背を防止することができます。正しい姿勢が保たれると、腰痛や肩こりの予防にもなります。

ヘッドセット

ビデオミーティングや電話にはヘッドセットがあると便利です。複数人でのグループチャットでは声が聞きづらくなることがあるので、専用のヘッドセットがあると会話もスムーズで、ミーティングにも集中できます。またヘッドセットがあれば両手が塞がらないのでパソコンを扱いながら相手と対話することが可能になります。

空気清浄機

空気清浄機があれば、空気の浄化だけでなく、消臭、花粉の除去など、部屋の空気を澄んだ状態に保つことができます。ポータブルのミニタイプであれば、デスク周りでUSBに接続して充電しながら使えます。空気の乾燥が気になる季節にはディフィーザーと併用するとより快適な環境がつくれます。

コーヒーマシン

長時間集中力を保つのは大変なことです。合間にブレイクタイムで、リフレッシュすることで仕事の効率もグンとアップします。コーヒー好きであればコーヒーマシンがあれば、手軽に美味しいコーヒーを入れられるのでおすすめです。さらに保温効果の高いサーモマグなどあれば完璧です。

まとめ

リモートワークは、自宅環境を整備することで生産性もグッと変わってきます。便利グッズをプラスする、またちょっとしたDIYやリフォームでおしゃれなホームオフィス、ワークスペースができたら嬉しいですよね。気持ちも上がる快適な空間で仕事もはかどるはずです。今回のコラムがあなたのホームオフィスづくりの参考になれば幸いです。