嫌な仕事をスムーズにお願いしたい!仕事の頼み方8つのポイント

嫌がれるとわかっている仕事を同僚にお願いする時、どうすればいいのか頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。周りに遠慮してお願いできなかったり、頼み方が悪くて険悪なムードになってしまったり・・・。 その結果、仕事が滞ってしまったり、心身ともに疲弊してしまったりしては大変です。頼みづらい仕事を上手に頼める「頼み上手」になるコツについてお話ししていきます。

頼み上手は仕事上手!伝え方が大切

お願いの仕方、伝え方を工夫するだけで、頼まれた方も気持ちよく引き受けてくれるものです。まさに頼み上手は仕事上手です。どんな心持ちで仕事をやってもらうか、それは頼み方にかかっています。 そう難しいテクニックがあるわけではありません。逆の立場になってみるとわかることも多いものです。そのポイントを8つに絞ってご紹介していきます。

嫌がられる仕事を上手に頼む方法

頼むタイミングを見計らって

自分が「お願いしたい」と思ったその瞬間にお願いしていませんか。頼みたい相手が会議を控えていたり、忙しそうにしていたりするときに頼むのは避けましょう。 相手のスケジュールを確認して、「今、お話しても大丈夫でしょうか?」とワンクッション置いてから本題を切り出しましょう。頼みごとの前に相手に敬意をもつことがとても大切です。

頼む理由を明確に

なぜその仕事を頼むのか、理由まできちんと伝えましょう。お願いごとをするときは、「何をいつまでに」と要件だけ伝えたり、遠回しな言い方になったりしてしまいがちです。 しかし、なぜ頼むのかを明確に伝えることは大切です。理由がわかれば「力になってやろう」と思えるものです。
1 2 3